ADMIN TITLE LIST
Recent entries
2014/10/05 (Sun) Twitterで
2013/12/31 (Tue) 2013年 出会い談義
2013/12/24 (Tue) イブの奇跡
2013/11/09 (Sat) 似てる
2013/05/05 (Sun) ガッツリ掘られた
2013/05/03 (Fri) mrmrがおさまらない
2012/09/04 (Tue) 職場の男
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だいぶ久しぶりになってしまったこのブログ・・・
2014年になり、だいぶいろんな出会いがあった。

年末年始から何人もの出会いがあり、楽しい時間を共有することができた。
ここでもいろいろ書きたいなと思ったけど、今はTwitterで日々の感じることを適当につぶやいてる。

ぜひ、Twitterのほうも覗いてみてほしいっす。

https://twitter.com/hirotog

フォローもぜひぜひ!


2013年もあっという間に過ぎていってしまう。ブログ更新もほとんど俺の小話程度で終わってしまう感じですな。

それでもブログを読んでくださった方々には感謝感謝っす!

2013年は2012年に失恋をしたのがずっと尾を引いて、なかなか立ち直れず「もう恋なんてしねぇ!」って思ったりもしたし、まだ思い出の物も持っている始末。

だけどなんとも裏腹な気持ちで、本能には逆らえないこともあって、何人かの男とリアルもした。

それはそれで、ほんと楽しかった。いい出会いができて、いろんな気持ちいいことができたし、ぽっかり気持ちに穴があいてしまうような気持ちにもなったり。

バリタチの絶倫親父に出会えてガッツリ掘りこまれたし、現役警○官とは抜きあえたし、数日前にも好きになってしまいそうな男にじっくり掘ってもらえたし。

でも満たされてるんだけど、なんともいえない孤独感を感じてる。そういう気持ちってなんなんだろうって思うけど、答えはでない。考えすぎなんだろうな。

しかし、出会うのも結構大変だったりする。

俺は、いくつかのプロフィールサイトに登録していたけど、ここではほとんど会うことができなかった。S///PASSとかいうのと、9M/////、Gra//、・・・・

思うに、写真やプロフィールでほとんどそれを頼りに自分にマッチするのを探すから、なかなか条件が合わないだろうし、それだけでその人をイメージしてしまうことになる。

俺が実際会えたのは、MEN'S NET JAPANってやつだった。これは掲示板で呼びかけするもんなんだけど、ほとんど情報がないし、メールでやりとりして会うことになる。これもなかなか自分にマッチした掲載がないから、俺はほとんど自分から載せてしまう。あとはメールを待つ感じになる。ほんといろんな人から連絡がくるから、いろいろメールして会えそうなら話を進める。

でも面白いことに、写真を交換するとその人とは会えない法則ができてしまった 笑

俺ってそんなだめ?!笑 
というか、俺もあらかじめ写真を見てしまうとその写真でしかイメージができなくて、印象が決まってしまう。

なので、実際会った人は、写真交換せずにいきなり会ったってのがほとんど。しかもそうすると、もちろん実物だし、全身を見られるから固定観念をもたなくてすむ。

でも、これは俺の考え方だから、ほかでは通用しないだろうけど。

あと、会ってHしてぇ~って思う時の波もあるなぁ。まったく会いたいと思わないときもある。どうも仕事とかから解放されると会いたいなって思うような気がする。

俺はかっこいいとか、がたいがいいとかいう感じではないから、いきなり会って「違うなぁ」って思われてるかもしれない。でも、Hしてるときに「エロいな」とか「かわいいな」とか言われると素直にうれしい。しかも、何回も誘いをしてくれるのはほんとにうれしいことだ。

結局、顔や体だけでは分からないし、会ってみて違うと思っても、Hの相性がよかったり、内面にひかれたりすることもあると思う。

俺は、一回もハッテン場やゲイバーには行ったことがないし、友達もつながりも作りにくい。でもそういったつながりをもつと逆に劣等感が生まれてくるかもしれない。めんどくせぇ性格だよな、俺 笑

2014年もいい出会いがあればいいなと思う。恋人を作るより、セックスフレンドを作って楽しめるほうがよいのかなって思う年頃・・・いいのかわるいのか・・・しかし昔の俺から比べたら、ずいぶん変わったなぁと思う。ノンケに恋してた頃が懐かしいな。

そんな俺ですが、2014年もどうぞよろしくお願いします。


イブー

なんか驚きの出来事があった。あ、いい人と過ごせるとかそういうのではないけど。残念ながら・・・苦笑

前回の記事に俺の小学校時代の友達に似てる男について書いたけど、近所のコンビニに行ったら、なんとその男にまた会ってしまった!

あれ?似てる?!って思っておそらくそうだろうなぁと店内で探ってた。支払いのとき後ろに並んでみた。だいぶいい感じの男だった。

ああ、声をかけたかったよ。「人違いだったらすみませんが、○○さんです?」ってな感じで。

それから・・・なんていろいろな想像をしてしまうのだが、しかし、また会えるってすごいよな。

奇跡だよ。

車も確認してしまった。この前確認した登録地と同じだった。これで同一人物と確信した。

しかし、イブに一人で車の中で夕食を食ってた。これってそういうこと?!なんて思ってしまう。

つまり、独り身?!

平日でイブなのに、登録地から遠いこの地でその男の実家に近いコンビニで車の中で食事をしてるなんて、どんな状況なんだろう。

いろいろな想像をしてしまうな。

けれども、なんかうれしかった。こんなイブもいいな。


今日、TSUTAYAの駐車場で「何だ?完璧な体系だー!」と心の中で叫んでしまったほどのいい体つきの男がいた。

俺はすぐに店の中で、その男を探してしまった。そしてすぐに見つけた。

体に張り付いたぴったりの薄いセーターに、ケツ、太ももに張り付いたジーパン。肩幅は広くがっちりしてて、胸板厚い。しかも出すぎてない腹、ぷりっとしたケツに、横からみた中央のもっこり!!

やべぇ、俺の股間がふくらみかけた。

レンタルDVDを探してるから後ろと横からしか確認できなかったんだが、なんか見たことのある横顔・・・。

もう20数年前に一緒に習い事をしてた男(いわゆる友達)になんとなく面影がある。

俺は、不審者にならない程度に(笑)、その男を追ってしまった。

いやぁ、ほんといやらしい体つきなんだなぁ。太ももは太いし、なんでこんなにがっちり理想的体系なんだと。

しかし、その友達って運動するような男だったかなぁと、思い改めてみたのだが。

その後、本屋の方に行って、俺も(不審者に見られない程度に)追ってみたのだが、ちらっと本棚越しに見た顔はやはり、当時の面影が残っているその友達にしか見えなかった。

まぁ、声をかけるのも難しいし、遠くから眺めたり、近くをすれ違ったりしていた。不審者にならない程度に。

そして店を出て行ったその男を追ってみた。

車のナンバーをみると、ここらへんじゃない。なんでこんな郊外に、あんな遠いナンバーがいるのかと不思議ではあった。

でもその男の実家はこの近所なのだ。今はあのナンバーの地にくらしてるのか?実家帰りか?なんて勝手に妄想してみた。

ちなみに、その後、車で追うというようなことはしてない笑

おそらくもうあの男に会えることはないだろう。昔の友達かどうかも実際分からない。

でもなんだか、不思議と懐かしい思いと俺も体適度に鍛えておこうと思えた。

こういう思いができるとなぜか元気になれるなぁ。


俺って結構言葉攻めされるのが好きなんだけど、タチに言われるとそそる言葉ってどんなんか、書いてみようと思う。

「これから掘らせろ」

「どスケベだな」

「もう勃ってるのか?」

「おら、しゃぶれ!」

「もっと奥まで咥えろよ」

「舌使え」

「おおお、たまんね」

「これが欲しいのか?」

「ほら、ひくついてるぞ」

「何、たらしてんだよ」

「いやらしいケツだ」

「おら、ここだろ」

「おお、すっげぇ、お前のケツしまる」

「おぅ、入ってるぞ」

「声、出せよ」

「お前のケツ、たまんねぇ」

「もっと締めろ」

「はぁはぁ、おおお、たまんねぇ」

「イケよ、おら」

「おおお、イクぞ」



などなど思いついたの書いてみた。

まだ、あると思うが、書いてるだけで、勃起した 笑

こんな言葉を、結構ガラガラした低い太い声で言われたら、かなり気持ちいいな。

エロしてるときに、快楽の声も出してくれるタチって、いいよなぁ。

「うぉぉ」って唸る声。たまらん。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2016 欲求不満爆発(For GAY), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。